【2019年版】神奈川県内 私立・国公立中学校 偏差値ランキング 2019年

【2019年版】神奈川県内 私立・国公立中学校 偏差値ランキング 2019年

偏差値70以上

聖光学院中学校
[私立/男子]75

慶応義塾湘南藤沢中等部
[私立/共学]74

浅野中学校
[私立/男子]72

栄光学園中学校
[私立/男子]72

慶応義塾普通部
[私立/男子]72

サレジオ学院中学校
[私立/男子]71

偏差値69~65

鎌倉女学院中学校
[私立/女子]69

洗足学園中学校
[私立/女子]69

フェリス女学院中学校
[私立/女子]69

横浜市立サイエンスフロンティア高等学校附属中学校
[公立/共学]69

横浜雙葉中学校
[私立/女子]69

神奈川大学附属中学校
[私立/共学]68

横浜共立学園中学校
[私立/女子]68

鎌倉学園中学校
[私立/男子]67

逗子開成中学校
[私立/男子]67

桐光学園中学校
[私立/別学]男子部66

法政大学第二中学校
[私立/共学]66

横浜市立南高等学校附属中学校
[公立/共学]66

カリタス女子中学校
[私立/女子]65

川崎市立川崎高等学校
附属中学校
[公立/共学]65

公文国際学園中等部
[私立/共学]65

中央大学附属横浜中学校
[私立/共学]65

桐蔭学園中等教育学校
[私立/男子]65

日本女子大学附属中学校
[私立/女子]65

森村学園中等部
[私立/共学]65

横浜国立大学附属横浜中学校
[国立/共学]65

偏差値64~60

相模原中等教育学校
[公立/共学]64

湘南白百合学園中学校
[私立/女子]64

清泉女学院中学校
[私立/女子]64

桐光学園中学校
[私立/別学]女子部64

湘南学園中学校
[私立/共学]63

桐蔭学園中学校
[私立/別学]女子部理数コース63

日本大学中学校
[私立/共学]グローバルリーダーズ63

日本大学藤沢中学校
[私立/共学]63

山手学院中学校
[私立/共学]62

日本大学中学校
[私立/共学]N.スタンダードコース61

平塚中等教育学校
[公立/共学]61

神奈川学園中学校
[私立/女子]60

関東学院中学校
[私立/共学]60

聖園女学院中学校
[私立/女子]60

横浜国立大学附属鎌倉中学校
[国立/共学]60

横浜女学院中学校
[私立/女子]国際教養60

偏差値59~55

藤嶺学園藤沢中学校
[私立/男子]58

鶴見大学附属中学校
[私立/共学]難関進学クラス57

青山学院横浜英和中学校
[私立/共学]56

自修館中等教育学校
[私立/共学]56

横浜富士見丘学園中等教育学校
[私立/女子]56

聖セシリア女子中学校
[私立/女子]55

桐蔭学園中学校(男子部)
[私立/別学]55

捜真女学校中学部
[私立/女子]55

横浜女学院中学校
[私立/女子]アカデミー55

偏差値54~50

桐蔭学園中学校
[私立/別学]女子部普通コース54

横須賀学院中学校
[私立/共学]54

聖ヨゼフ学園中学校
[私立/女子]52

横浜中学校
[私立/男子]52

鶴見大学附属中学校
[私立/共学]進学クラス51

横浜翠陵中学校
[私立/共学]51

関東学院六浦中学校
[私立/共学]50

北鎌倉女子学園中学校
[私立/女子]普通科50

相洋中学校
[私立/共学]50

偏差値49~45

鎌倉女子大学中学校
[私立/女子]特進コース49

東海大学付属相模中学校
[私立/共学]49

武相中学校
[私立/男子]49

横浜隼人中学校
[私立/共学]49

函嶺白百合学園中学校
[私立/女子]48

横浜創英中学校
[私立/共学]48

相模女子大学中学部
[私立/女子]47

橘学苑中学校
[私立/共学]47

アレセイア湘南中学校
[私立/共学]46

北鎌倉女子学園中学校
[私立/女子]音楽科46

星槎中学校
[私立/共学]45

聖和学院中学校
[私立/女子]45

偏差値44

大西学園中学校
[私立/男子]44

緑ヶ丘女子中学校
[私立/女子]44

「朝がツライ」というお子さまは、本人のやる気の問題ではないかもしれません・・・

最近、『起立性機能障害』という言葉を耳にされたり、本・雑誌・ネットで目にされた方も増えてきているのではないでしょうか。

〝起立性機能障害〟とは自律神経失調症の一種に分類されています。
現在、日本の小学生の5%。中学生の約10%に症状がみられており、なかでも、思春期の女の子に多いとされる病気です。

具体的な症状として・・・

・子どもが不登校になってしまっている。

・朝起きてからや午前中の調子が悪い。

・急に椅子から立つと、立ちくらみを覚える。

・朝の時間帯がとにかくつらそうで、だるそう。

・電車やバスなど公共交通機関で立っているのがつらい。

・電車・バス・またはクルマの乗り物酔いがひどい。

近年、症状がみられる子どもの数が徐々に増えており、今後、この病名が注目を浴びていく可能性が高いといわれています。

また、成人された大人の方でも、この症状をお持ちの方が多くおられます。

もし、お子さまやご自身で、心当たりがあり悩んでおられるなら、抵抗があるかもしれませんが、一度、心療内科を訪ねられることをおすすめいたします。
特にお子さんの場合は、遅刻や欠席が増えるなど学校生活に大きな影響が出て、授業のペースについて行けなくなってしまったり、午前中の調子の悪さで、本来の能力を発揮できなくなってしまったりする可能性が考えられます。

「心療内科へ行くのはちょっと・・・」
とお考えの方には、起立性調節障害用のサプリメントが合うかもしれません。
厚生労働省が定めた「健康食品GMPガイドライン」に基づき、日本国内のGMP認定工場で製造・品質管理を厳密におこなっているので、安心・安全が求められている現在、信頼が置けると考えます。
また、最初の30日間で、お子さまやご自身に合わないと感じられた場合は、〝返金解約保証〟システムを設けていますので、メーカーとしてもこのサプリに自信を持っていることがうかがえます。

悩みごとは、何らかの行動を起こさなければ、ずっと悩んでいても解決しないものです。すれが、ストレスになり体調を悪化させてしまう要因にもなりかねません。
お子さまの日常生活で、お気になることがあるのでしたら、一度どんなサプリなのか見ていただくことをおすすめいたします。



※数値につきましては、複数の偏差値データから抽出した値となっております。
合格難易度のご参考としてくださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です