大阪マルビル地下の『魔女の家』で美咲龍蘭さんに占ってもらった思い出(口コミ・評判のご参考に)

大阪・『魔女の家』で美咲龍蘭さんに占ってもらった思い出をご披露します

はる坊です。

今回は、大阪・梅田にある『魔女の家』で美咲龍蘭(みさき りゅうらん)さんに占ってもらった思い出話をご披露したいと思います。

占いに興味をお持ちの方が、まず気になるのは、「どの占い師が当たるのか、外れるのか」「どんな占い師さんなのか」というところでしょう。
口コミや評判のひとつとして、読んでいただけると幸いです。

美咲龍蘭さんに占ってもらった体験記

私が、美咲龍蘭さんに占ってもらったのは、もう15年前になります。
かなり昔の話になってしまいますが、いまでもその時の様子はよく憶えています。
なぜならば、占い師の方に占ってもらうという体験をしたのが、このとき初めてだったからです。

やはり、一番最初の経験というものは、記憶に残り続けるものだとあらためて思います。

私が訪れたのは、大阪駅前のランドマークで、西梅田一帯の大地主であり〝大日本ドケチ教 教祖〟だった吉本晴彦さんがオーナーを務めていた、大阪マルビルの地下にある『魔女の家』梅田店でした。
実のところ、飛び込みで訪れたので、予備知識はまったくありませんでした。

ただ、仕事上で悩みごとがあり、その時に読んでいた遠藤周作さんのエッセイで、

「わたしは占い師と話し込むことがある」(大意)”

という記述があり、

こんなに高名な作家も占い師さんのもとへ訪れることがあるのだなと思い、

私も「ひとりでウジウジ悩んでいないで、一度行ってみるか」と勢いで訪ねたのです。

男性だと「占い師にみてもらうとか、恥ずかしくて行けない」と思う方もおられるかもしれませんが、多少、切羽詰まった状況だったこともあり、そういうことは感じませんでした。

『魔女の家』に入ると、受付の方とお話ししたところ、『美咲先生がいいのではないでしょうか?』というアドバイスをもらったので、その助言に従いました。

いよいよ、美咲龍蘭さんに占ってもらう

案内されて、美咲龍蘭さんと対面になって座りました。

美咲さんは、すごくきれいな方で〝お姉さん〟というより〝お姉様〟といった感じの美形でクールな印象の女性でした。

お話を始めると、頭脳明晰で理知的な方なんだなということが伝わってきました。

また、こちらの話をよく聞いてから答えられるので、押しつけがましさもなく、安心して悩み事を相談できたと思っています。

占いはタロットでおこなわれました。

私が占ってもらったのは総合的な運勢と仕事運でしたが、いま振り返ってみると、私の場合は当たっていました。

偶然のひとことで片付けてしまえばおしまいですが、「5年後に大きな変化が起こる」という占いは、「ああ、このことだったのか!」と5年のちに思い出してビックリしたのを憶えています。

また、わたしの適性・適職に関しても当たっていたと感じます。

新装版 あなたの天職がわかる16の性格

占いも終盤に差し掛かった頃、ふと私が後ろを振り返ると3人の女性が椅子に座って、私を見ているのに気が付きました。
彼女たちは美咲さんに占ってもらうために、ここへ訪れた方々だということはすぐにわかったのですが、

「知らなかったけど、人気のある占い師さんだったんだ」

と初めて知った次第でした。

悩み事をすべて吐き出して、占いを通じてアドバイスをもらえたおかげで、私の心はスッキリと晴れ渡りました。

美咲龍蘭さんについて

自宅に戻ったからパソコンで〝美咲龍蘭〟と検索すると、ご本人のホームページがありました(残念ながら、現在は無いようです)。

あらためてプロフィールを拝見すると、神戸のご出身で、同志社大学文学部英文学科を卒業された才媛だということがわかりました。

卒業後はOLをされていたようですが、『阪神淡路大震災』を機に占い師に弟子入りして、占いを生業とされるようになったことも知りました。

やはり、あれほどの大災害を目の当たりにしてしまうと、人生観が変わるのも無理はないと感じたものです。

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です