長者番付・作家部門を振り返ってみましょうか(1996年分~2004年分)

はる坊です。

個人情報保護の為、2005年(平成17年)以降は、発表が廃止された高額納税者(長者番付)の発表ですが、2004年(平成16)分までは毎年5月に世間の注目を集めたものでした。

ここでは1996年(平成8年)から2004年(平成16年)年分の長者番付・作家部門に名を連ねた方々を見ていきます。
毎年のベスト20までを列挙しています。
ソースは、当時の新聞報道・各年の『全国高額納税者名簿』(東京商工リサーチ刊)によるものです。

1996年分~1998年分の所得税率について

課税所得330万円以下・・・10%

課税所得330万円超~900万円以下・・・20%

課税所得900万円超~1800万円以下・・・30%

課税所得1800万円超~3000万円・・・40%

課税所得3000万円超・・・50%

参考までに、1996年分~1998年分の住民税の税率です。

課税所得200万円以下・・・5%

課税所得200万円超~700万円以下・・・10%

課税所得700万円超・・・15%

それでは、長者番付・作家部門(1996年分~2004年分)です

1996年(平成8年)分 長者番付・作家部門 所得税納税額

1位  内田康夫 1億4657万円

2位  西村京太郎 1億3351万円

3位  森村誠一 8222万円

4位  神坂一 8010万円

5位  津本陽 7450万円

6位  渡辺淳一 7327万円

7位  田中芳樹 6568万円

8位  椎名誠 6199万円

9位  石原慎太郎 6096万円

10位  斎藤栄 5933万円

11位  宮部みゆき 5291万円

12位  菊地秀行 5017万円

13位  五木寛之 4960万円

14位  群ようこ 4112万円

15位  童門冬二 3976万円

16位  宮本輝 3973万円

17位  荒巻義雄 3860万円

18位  赤川次郎 3805万円

19位  平岩弓枝 3795万円

20位  宮城谷昌光 3696万円

※赤川次郎首位陥落の理由
13年連続で長者番付・作家部門の1位を守り続けた赤川次郎氏が一気に18位まで順位を下げたのは、バブル期に購入した自宅兼仕事場の売却損で、作家活動による印税・原稿料・著作権収入と売却損が相殺された為。
収入は例年と同様の額があったとのこと。

※司馬遼太郎の遺産評価額
1997年2月、1996年2月に逝去した司馬遼太郎氏の遺産評価額が管内税務署にて公示されました。
遺産額は約26億4000万円。
約20億1000万円が銀行等金融機関への預貯金。
約3億9000万円が著作権。
約2億4000万円が自宅の土地建物でした。

1997年(平成9年)分 長者番付・作家部門 所得税納税額

1位  赤川次郎 2億7760万円

2位  渡辺淳一 2億2675万円

3位  西村京太郎 2億1257万円

4位  内田康夫 2億0827万円

5位  村上春樹 9244万円

6位  浅田次郎 9187万円

7位  森村誠一 8611万円

8位  林真理子 6980万円

9位  宮部みゆき 6942万円

10位  津本陽 6752万円

11位  神坂一 6336万円

12位  菊地秀行 5817万円

13位  群ようこ 5298万円

14位  斎藤栄 5147万円

15位  星野富弘 5103万円

16位  田中芳樹 4981万円

17位  平岩弓枝 4632万円

18位  髙村薫 4439万円

19位  椎名誠 4293万円

20位  大沢在昌 4247万円

落合信彦 3311万円

1998年(平成10年)分 長者番付・作家部門 所得税納税額

1位  西村京太郎 2億5196万円

2位  赤川次郎 1億9087万円

3位  鈴木光司 1億4207万円

4位  宮部みゆき 1億1679万円

5位  内田康夫 1億0594万円

6位  浅田次郎 1億0474万円

7位  五木寛之 7780万円

8位  森村誠一 7128万円

9位  宮城谷昌光 6738万円

10位  神坂一 5612万円

11位  菊地秀行 5495万円

12位  群ようこ 5357万円

13位  渡辺淳一 4998万円

14位  星野富弘 4962万円

15位  椎名誠 4927万円

16位  落合信彦 4687万円

17位  馳星周 4412万円

18位  斎藤栄 4399万円

19位  田中芳樹 4385万円

20位  筒井康隆 4220万円

北方謙三 3905万円

河合隼雄 3563万円

林真理子 3211万円

平岩弓枝 1974万円

1999年分以降は、所得税率が過去最低にダウン

1998年(平成10年)分までは、最高税率が所得税50%+住民税15%でしたが、
所得税率は最高で37%までダウンしました。

そのせいか、下記に挙げる作家の納税額も前年までに比べて減少していますが、2000年に入ると出版不況が深刻化して、作家の収入自体が減少していく様子が分かります。

1990年代初頭では、年収1億円あったとしてもランキングのベスト20に入れるかどうかでしたが、2000年分以降では、ベストテンに入れる年収になっています。

それほど、本が売れずに印税収入が細ってきている模様もうかがえます。

2006年分まで使用された所得税率表は下記のとおりです。
課税所得330万円以下・・・・・・・・・・・10%
課税所得330万円超~900万円・・・・20%
課税所得900万円超~1800万円・・・30%
課税所得1800万円超・・・・・・・・・・・・・37%

参考までに、2006年分まで使用された住民税税率表は下記のとおりです。
課税所得200万円以下・・・5%
課税所得200万円超~700万円以下・・・10%
課税所得700万円超・・・13%

1998年分までに比べると最高税率が大幅に下がりました。

1998年分まで、所得税50%+住民税15%=最高税率65%
1999年分から、所得税37%+住民税10%=最高税率47%

1999年(平成11年)分 長者番付・作家部門 所得税納税額

1位  西村京太郎 1億6519万円

2位  内田康夫 1億3929万円

3位  宮部みゆき 1億1492万円

4位  鈴木光司  7656万円

5位  浅田次郎  7315万円

6位  五木寛之  6320万円

7位  森村誠一  6199万円

8位  桐生操(堤幸子) 5640万円

9位  桐生操(上田加代子) 5610万円

10位  星野富弘 5246万円

11位  村上春樹 4664万円

12位  津本陽 4329万円

13位  赤瀬川源平 4015万円

14位  山崎豊子 3940万円

15位  東野圭吾 3803万円

16位  菊地秀行 3777万円

17位  天童荒太 3718万円

18位  桐野夏生 3355万円

19位  京極夏彦 3300万円

20位  神坂一 3282万円

21位以下で公示された作家

林真理子 2719万円

平岩弓枝 2174万円

馳星周 1412万円

2000年(平成12年)分 長者番付・作家部門 所得税納税額

1位  西村京太郎 1億5603万円

2位  赤川次郎 1億1108万円

3位  宮部みゆき 7873万円

4位  山崎豊子 7559万円

5位  内田康夫 7265万円

6位  浅田次郎 6758万円

7位  五木寛之 6468万円

8位  天童荒太 6465万円

9位  真保裕一 4153万円

10位  北方謙三 3956万円

11位  菊地秀行 3886万円

12位  夢枕獏 3591万円

13位  江國香織 3412万円

14位  阿川佐和子 3227万円

15位  落合信彦 3188万円

16位  津本陽 3176万円

17位  星野富弘 3108万円

18位  森村誠一 2887万円

19位  東野圭吾 2878万円

20位  林真理子 2746万円

21位以下で公示された作家

山口洋子 2624万円

森博嗣 2392万円

大沢在昌 2223万円

渡辺淳一 1932万円

柳美里 1891万円

宮尾登美子 1724万円

曽野綾子 1714万円

花村萬月 1332万円

平岩弓枝 1116万円

2001年(平成12年)分 長者番付・作家部門 所得税納税額

1位  西村京太郎 1億5946万円

2位  宮部みゆき 1億4566万円

3位  赤川次郎  8648万円

4位  内田康夫  7743万円

5位  浅田次郎  6633万円

6位  夢枕獏   5960万円

7位  江國香織   4331万円

8位  森村誠一  3560万円

9位  真保裕一  3444万円

10位  東野圭吾  3374万円

11位  津本陽  3180万円

12位  菊地秀行  2961万円

13位  大沢在昌  2877万円

14位  北方謙三  2789万円

15位  林真理子  2740万円

16位  五木寛之  2596万円

17位  森博嗣 2578万円

18位  渡辺淳一 2473万円

19位  柳美里 2428万円

20位  平岩弓枝 2399万円

21位以下で公示された作家

山口洋子 2169万円

阿川佐和子  2082万円

田口ランディ  1814万円

佐藤愛子 1701万円

曽野綾子 1691万円

宮尾登美子 1588万円

花村萬月 1496万円

佐々淳行 1213万円

田中芳樹 1042万円

2002年(平成13年)分 長者番付・作家部門 所得税納税額

1位  西村京太郎 1億4029万円

2位  宮部みゆき 1億3719万円

3位  内田康夫  9712万円

4位  村上春樹  9589万円

5位  赤川次郎   8234万円

6位  北方謙三   5156万円

7位  江國香織   4504万円

8位  唯川恵   4396万円

9位  東野圭吾  4149万円

10位  小野不由美  3989万円

11位  浅田次郎  3866万円

12位  夢枕獏  3065万円

13位  大沢在昌  3053万円

14位  林真理子  2960万円

15位  森博嗣  2879万円

16位  五木寛之  2817万円

17位  菊地秀行 2772万円

18位  辻仁成 2374万円

19位  平岩弓枝 2234万円

20位  森村誠一 2145万円

21位以下で公示された作家

山口洋子 1817万円

渡辺淳一 1813万円

2003年(平成14年)分 長者番付・作家部門 所得税納税額

1位  西村京太郎 1億4327万円

2位  内田康夫  9547万円

3位  養老孟司  6167万円

4位  宮部みゆき  6094万円

5位  村上春樹   5971万円

6位  片山恭一   4794万円

7位  浅田次郎  4733万円

8位  赤川次郎   4325万円

9位  横山秀夫   3857万円

10位  東野圭吾   3614万円

11位  高村薫   3521万円

12位  宮城谷昌光   3227万円

13位  夢枕獏   3079万円

14位  森博嗣  2824万円

15位  大沢在昌  2643万円

16位  北方謙三  2607万円

17位  五木寛之  2277万円

18位  津本陽  2185万円

19位  菊地秀行  2154万円

20位  森村誠一  2116万円

21位以下で公示された作家

江國香織  1828万円

阿川佐和子  1707万円

【本日最終日。9月30日まで!】年収6億円 メンタリストDaiGoさん作品が 全品/半額&30%OFFキャンペーン実施中です!

2004年(平成15年)分 長者番付・作家部門 所得税納税額

1位  西村京太郎 1億4887万円

2位  片山恭一 1億4209万円

3位  村上春樹  8690万円

4位  養老孟司  8649万円

5位  浅田次郎  7506万円

6位  内田康夫  6745万円

7位  宮部みゆき  6344万円

8位  赤川次郎  5895万円

9位  江國香織 5860万円

10位  市川拓司 5654万円

11位  山崎豊子 5634万円

12位  東野圭吾 4812万円

13位  重松清 3722万円

14位  森村誠一 3694万円

15位  五木寛之 3116万円

16位  森博嗣 3057万円

17位  夢枕獏 2780万円

18位  北方謙三 2657万円

19位  平岩弓枝 2368万円

20位  渡辺淳一 1999万円

大沢在昌 1912万円

山口洋子 1796万円

1984年~1988年分はこちらです。

1989年から1995年分はこちらです。

2005年分以降も高額納税者(長者番付)が発表されていたなら・・・

2004年分で高額納税者の公示は終わりました。

もし、2005年以降も公示が続いていたなら、間違いなく東野圭吾氏がトップを取っていたでしょう。

そして、時代小説の文庫書き下ろしというジャンルを開拓した佐伯泰英氏も、累計で6500万部の時代小説書き下ろし文庫が発行されていますが、最盛期には“「年間600万部、文庫が売れていた」”時期があるそうなので、上位にランクインしたことでしょう。

また、池井戸潤氏、そしてライトノベル作家も鎌池和馬氏や川原礫氏など、何人かがランクインしていたと思います。

2005年に限定すれば、『ローレライ(原作は『終戦のローレライ』』『戦国自衛隊1549』『亡国のイージス』が相次いで映画化され、文庫本が大いに売れた福井晴敏氏がランクインしたと思われます。

しかし、文芸書自体の売上が大きく落ちているので、長者番付において作家部門はなくなり、その他・文化人部門と併せての発表になっていたかもしれません。

どうしてあの人は長者番付に載らないのか?

たとえば、メインインタビュアーとして、サブインタビュアーの小池栄子氏とともに『日経スペシャル カンブリア宮殿〜村上龍の経済トークライブ〜』でも活躍中の芥川賞作家の村上龍氏は、事務所を法人化して、書籍の印税等は会社の所得として計上して、税金を支払っていますので、長者番付には載りません。

過去のインタビューでは“「事務所の社員扱いで年収は数百万円」”と語っています。

1980年代以降になると、節税対策を兼ねて、マネージメントをおこなう個人事務所を設立する作家が増え始め、2000年代になると事務所から給与をもらう形にしている例も珍しくありません。

また、大沢在昌氏・宮部みゆき氏・京極夏彦氏の太極宮の3名は、ラクーンエージャンシー(旧・大沢オフィス)とマネージメント契約を交わしておられますが、2002年6月以降の株式会社化後は、いくら稼いでも作家の収入の30%が事務所に入る仕組みになっていると大沢在昌氏がインタビューで語っています。

林真理子・夢枕獏・北方謙三・伊集院静など、紫綬褒章受章者には、直木賞受賞作家・エンタメ系作家が多い

褒章や叙勲といいますと、純文学系の作家に与えられるものというイメージがありますが、実は、紫綬褒章については、直木賞受賞作家・エンタメ系作家が多いのです。
長者番付・作家部門に登場した面々を見てみますと、紫綬褒章受章者は以下の通りです。

1979年 新田次郎

1986年 池波正太郎

1991年 黒岩重吾

1994年 結城昌治

1995年 田辺聖子

1997年 平岩弓枝

2002年 筒井康隆

2003年 渡辺淳一

2006年 宮城谷昌光

2010年 宮本輝

2013年 北方謙三

2015年 浅田次郎

2015年 桐野夏生

2016年 伊集院静

2018年 夢枕獏

2018年 林真理子

2019年 川上弘美

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
まだまだ、楽しんでいただける記事があるかと思いますので、どうぞお楽しみくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です