ある昭和のサラリーマンのお話

我が道をゆく、昭和の〝のんびリーマン〟

はる坊です。

今回は、ある昭和のサラリーマンのお話をしたいと思います。

昭和のサラリーマンというと、よくいえば〝企業戦士〟。
悪く言えば〝モーレツ社員〟とか〝午前様〟とか。

とにかく、残業・休日出勤を厭わず(それどころか進んでやる)仕事が終われば、酒を飲み、たまの休みには疲れ果て、〝家族サービス〟どころではなく、自宅で一日中寝ている。

某総合電機メーカーで部長を務められていた方によると、

「仕事は早くて夜9時、遅くて0時までしていたな。もちろん、仕事が終わってそのまま家に帰るんじゃないよ。毎日、飲みに行くんだから。昔の人はよくお酒を飲んだよね」

とのこと。

〝働き方改革〟が声高に叫ばれる現在の感覚からすると、まったくもってとんでもない存在に映ります。

ですが、こんなサラリーマンも存在しました。

誰あろう、私の父親です。

昭和の〝のんびリーマン〟の人生

私の父親は、新卒で昭和30年代に某メーカーに入社しました。
なぜ、その会社に入ったかというと、特に理由はなかったようで、

「受けたら通ったから」

というのが、実際のところだったようです。

父の周囲に話を聞くと、

「試験日を間違えて、帰ってきた」

など、あまり就職に積極的ではなかった様子も窺えます。

ところが、3年も経たずにこの会社を辞めてしまいます。

「労働組合が幅を利かせていて、争議まで起こしていて、それが嫌になった」

そんな父は帰郷後、恩師に身の振り方を相談します。
紹介されたのは、なぜか薬局。
この薬局は、薬品製造業も手掛けており、のちにドラッグストアチェーンを展開することになります。

といっても、薬学部出身ではない父は本社勤めで、

「社長からあれをやれ、これをやれ」

と走りまわっていたそうです。

この薬局も性に合わずに退職。

その次に、金属加工メーカーに勤めますが、これもあまりよくわからない理由であっさりと退職。

さすがに、

「簡単に入って辞めてが癖になっている」

と親兄弟に怒られて、職探しの末、東証1部上場企業の関連会社に職を得ます。
時代は1970年代に入っていました。

この会社ではさすがに長続きして、定年退職まで勤め上げました。

これまで、数年間で職を変えているので、働くのが苦手で飽きっぽいのかと言われると、そうも言えないところがありまして、

「残業代が出ていた頃は、用がなくても残業していた。遅くまで会社に残っていると、やる気のある人間だと思われて係長になった。だけど、係長になったら管理職扱いで残業代が出なくなったから、会社にいても仕方ないから、定時になるとサッサと帰っていた」

「住宅ローン返済と小遣い稼ぎに、夜はレントゲンフィルムの配送をアルバイトでしていた。結構、いいお金になった」

要するに、サービス残業が嫌で嫌で、お金をくれないのなら、定時退社でアルバイトしよう、という人だったのです。

給料はそれほどでもなく、年収に関しては同世代にコンプレックスを持っていたようですが、私が成長していくに連れて、父も年功序列で係長から課長になり、最終的には次長になりました。

部長以上は、親会社からの出向・転籍で占められていた為、プロパー社員としては最高の役職に就けたわけで、管理部門では現場トップの役割でした。

週に2回は、直行で銀行に寄るため、出勤は遅く、週に一度は午後4時には帰宅していました。

忙しいのは決算のシーズンのみ。

何だかんだで、親会社がしっかりしていたので、のんびりとした社風も父には合っていたようです。

たしかに、我が家は裕福でもなく、贅沢な思い出は何ひとつもありません。
(家族での外食は1度だけ。家族旅行もしたことはありません。いつも旅行計画は時刻表のなかでした)

それでも、時間を見つけては、私を手近な場所に連れて行ってくれたのは、いまでも良い思い出です。

父はいまでも元気です。

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。