ニンテンドースイッチのゲームソフトを買うなら、DL版よりもパッケージ版をおすすめします。

はる坊です。
ニンテンドースイッチのゲームソフトを買うとき、DL版よりもパッケージ版のどちらを購入したらお得か?ということをご説明します。

DL版よりもパッケージ版を購入すべきです

いきなり結論から書きましたが、私はパッケージ版を購入することを強くおすすめします。

ひとつめの理由⇒ゲームソフトの価格が安い

パッケージ版の方がゲームソフトの価格が安いです。
DL版の方が「モノ」がない分安くなりそうですが、なぜかパッケージ版の方が安いです。

「任天堂⇒エンドユーザー」とした方が安い価格で販売できそうなのに、「任天堂⇒アマゾン⇒エンドユーザー」の方が、安い価格になるのは本当にミステリーですね。

過去作品は中古版でさらに安く買うことができます

パッケージ版は「モノ」があるので、ゲームを遊び終わった人はブックオフやゲオなどの中古ゲーム屋に売ることができます。

私も中古のゲームをよく買うのですが、かなり安価な値段でゲームを購入することができます。

特に、過去の作品でかつマイナーなタイトルは大幅値下げをしている可能性が高いです。

また、中古のゲームソフトに対して嫌悪感を抱く人がいるかもしれませんが、正常に動作しないなどと言った不具合は基本的に発生しないので安心してください。
また、カートリッジや箱の状態は購入前にチェックが可能な店がほとんどなので、傷などが気に入らない場合は別の商品に変更することも可能です。

パッケージ版は遊び終えたあとに売ることができます

中古版があるということは、この記事を読んでいるあなたもゲームソフトをお店に売ることができます。

遊び終わったゲームソフトを売ると、かなりのキャッシュバックになります。

私は以前、ニンテンドースイッチでスマブラの最新作が発売されたタイミングで、wiiu本体と前作のスマブラをブックオフに売ってきました。
前作のスマブラは5年前のゲームソフトになるのですが、2,200円ほどで買い取ってもらうことができました。

7,000円ぐらいで購入したゲームソフトでしたが、ゲームソフトを売ることで実質5,000円弱で遊べていたことになりますね。

本体保存メモリーの容量を圧迫しません!

ニンテンドースイッチに標準で搭載されている本体保存メモリーの容量は32GBしかありません。

例えば「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」をDL版で購入すると、約15GBが必要になるのですぐに容量が圧迫されてしまいます。

ですので、追加でSDカードを購入する必要性がかなりの確率で発生します。

SDカードは128GBのもので3,000円程度で購入することができます。

この価格が安いか高いかは人によって微妙なラインかもしれませんが、ゲームソフト一本の価格分ぐらいであることを考えると少々お高めの買い物だと感じるのではないでしょうか。


友達とゲームの貸し借りができます

DL版だと本体メモリーやSDカードにゲームソフトのデータが入るので、友達との貸し借りをすることは難しくなってきます。

私は既にいい大人なので友達とゲームの貸し借りをすることは滅多にありませんが、小・中学生などの子ども用にニンテンドースイッチを購入したのであれば、貸し借りが発生するケースがあるかもしれません。

また、貸し借りをしないとしても、「友達の家に行って友達のニンテンドースイッチで自分が持っているスマブラをみんなでプレイしたい」と言った場合に、DL版の場合だと自分のニンテンドースイッチ本体を持って行く必要があります。

本体も持ち運び出来るとはいえ少し面倒になりそうです。

DL版にもメリットはあります

○発売日の0時から遊べる

これがDL版の最大のメリットだと私は思います。
パッケージ版だと、お店が開く10時頃に入手できるのが最速になりますが、DL版だと発売日の0時からプレイがすることができます。
スプラトゥーン2は前日の22時頃から遊ぶことができたという話もありますし、「発売から最速で遊びたい!」と言う人には、DL版の購入が吉となります。

○ゲームカードを入れ替える必要がない

DL版は本体メモリーやSDカードにゲームソフトのデータが入っているので、ゲームソフトを入れ替える必要がなくなります。
常に複数のゲームカードをセットしているようなイメージですね。
なのでホームボタンからゲームを切り替えるだけで遊ぶゲームを簡単にチェンジすることができます。

色んなゲームを遊んだり、複数のゲームソフトをすぐに切り替えたい人には、DL版が向いているかもしれませんね。

ですが、もちろんSDカードにも容量の限界はあります。
128GBと大容量を追加してもゲームソフトを何十本と入れた場合はさらに追加でSDカードを購入する必要があります。

SDカード一つだけではDL版を無限に追加できないということは意識の片隅にとどめておくとよいでしょう。

○ロード時間が短い

パッケージ版よりもDL版の方がロード時間が短くなります。
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のロード時間において、本体メモリー、SDカード、パッケージ版それぞれの処理結果は以下のようになっています。

パッケージ版:35秒
SDカード:34秒
本体メモリー:30秒

最大で5秒の差がありますが、こちらの5秒の差を出すためには32GBしかない本体メモリーにゲームの情報をダウンロードする必要があります。

SDカードにDL版を入れた場合だと1秒程度しか差がないのでほとんど無視できる誤差の範囲かと思います。

上のデータの検証結果を確認したい場合は、こちらの動画の2分あたりから見ていただければと思います。

まとめです

DL版よりもパッケージ版を購入するのがおすすめ!

なぜなら

○価格が安い

○中古だともっと安い

○買取に出せばさらにキャッシュバック

○友達との貸し借りもOK