寒い朝に起きやすくする方法

はる坊です。

相変わらず寒いですね。

人に会う度に「寒いですね」とどちらかが言い出して会話が始まるのが、符丁みたいになってますよね。

「いやあ、今朝も寒いですねえ」

「ホントにね」

「去年よりはマシのような気がするんですけどね」

「いや、冬の朝は寒いですよ」

「ははは」

みたいな。

そんな季節ですが、一番困るのが朝。

何と言っても、起きづらい。起きにくい。起きられない。

だって布団が恋しいんだもん。

ところが、仕事があるから起きなきゃしょうがない。

そんななかで、僕がやっている方法を2つご紹介します。

薄手のダウンジャケットを着たまま寝ています

ひとつめは、薄手のダウンジャケットを着たまま寝る、です。

最初はすこし慣れないかもしれないけれど、すぐになれますし、

朝起きるのに、かなり助かっています。

騙されたと思って試してみて。



これには、もし災害が起こったときに、着の身着のまま逃げ出さなくてもいいっていうメリットも。

できれば、起こって欲しくないですけどね・・・

こればかりは確実な予測ができないからどうしようもない。

枕元には魔法瓶に入った温かい飲物を

ふたつめは、枕元に魔法瓶を置いておく。

前夜の内に自分の好きな温かい飲物を作って入れておく。

僕の場合はコーヒーですね。

朝起きて、寝ながらでもこれを飲んだら、心にスイッチが入って起きやすくなります。

魔法瓶は高い保温効果があるものを選んでくださいね。

では、寒い朝に起きやすくする方法をお送りしました。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です